ドローン・オブ・ウォー 【 Good Kill 】

20180629082218b9c.jpeg

↑ 劇場販売 ムビチケ 1種類 ↑
* 材質 : テレフォンカードの様な材質
* 裏面スクラッチ : シルバー



🎬■□■□■□ 映画の欠片 ■□■□■□🎬

2001年9月11日の同時多発テロが発生以降、アメリカはドローン(無人航空機)を利用したテロリスト容疑者をターゲットとした殺害プログラムを開発実戦していました。

"ドローン・オブ・ウォー"は、その実話を元に作られた映画です。

ドローンの名前の由来は、イギリスの練習機『Queen Bee(女王蜂)』から、
雄蜂と言う意味で ドローン となった様です。

ドローンの歴史は実はかなり古く70年以上前から開発されていました。
第二次世界大戦中には実用化はされていませんが、
その後標的としての用途(ターゲット・ドローン)や魚雷の投下などの実用化も進行してきました。

1944年にアメリカ軍が開発した "BQ-7" という最初のドローン(無人航空機)は、B-17爆撃機を無人機に改造したものです。

1995年、有名な軍事用ドローン "RQ-1 プレデター" が開発され、イラク戦争で"プレデター"は実績を積み、アメリカ軍は着々と攻撃機をドローンに置き換え、2023年までには、攻撃機の1/3が無人機として配備されると言われています。

この映画の中で、離れた場所からドローンを飛ばし、ターゲットを定めてはボタン一つで爆撃投下をして殺害し、仕事が終われば家に帰り普通の生活を送ると言う、現実と実感の無い殺戮との狭間でのギャップにストレス障害を抱えてしまう兵士の姿が描かれていて、
現代の戦争の形、人間の尊厳に問題提議をしています。

実際にアメリカ中央情報局(CIA)は2004年から2014年の間にパキスタンで400機以上のドローンを投入し、2000人以上の命を奪ったという報告もあります。

似たようなテーマの作品には、"アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場"(イギリス)などがあります。

🎬■□■□■□■□■□■□■□■□■□🎬


公開日 : 2015年10月1日

タイトル: ドローン・オブ・ウォー 【 Good Kill 】

アメリカ 104分

監督 : アンドリュー・ニコル

配給 : ブロードメディア・スタジオ

ジャンル : クライム スリラー

⭐︎キャスト(役名) ⭐︎

イーサン・ホーク (トミー・イーガン)
ブルース・グリーンウッド (ジョンズ)
ゾーイ・クラビッツ (スアレス)
ジェイク・アベル (ジマー)
ジャニュアリー・ジョーンズ (モリー)

挿入歌 : Mikey Likes It 【 Make a Noise 】

(↑クリック↑YouTubeで曲が聴けます♪)


(↑クリック↑YouTubeで曲が聴けます♪)


(↑クリック↑YouTubeで曲が聴けます♪)

The Unknown 【 Bang Bang Boom 】

(↑クリック↑YouTubeで曲が聴けます♪)

⭐️ストーリー⭐️
無人戦闘機ドローンにより、戦地に行かずして空爆を行う現代の戦争の実態と、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しめられるドローン操縦士の異常な日常をリアルに描く。アメリカ空軍のトミー・イーガン少佐の赴任地は、美しい妻とふたりの子どもと暮らす住宅街のマイホームから車を走らせ、歓楽街を抜けた場所にあるラスベガスの基地に設置されたコンテナの中にあった。そこで無人機ドローンを遠隔操作し、1万キロ以上離れた異国をクリック1つで空爆をする。ゲームのような現実感のない戦場と家族の待つ家との往復、それがイーガンの日常であり、異常ともいえる現代の戦争の姿だった。
(映画.com様より文章を一部お借りしました)


ご参考迄に、ドローン・オブ・ウォー Wikipediaです♪


↓未だご覧になっていないかた、コレクションに♪

ドローン・オブ・ウォー【Blu-ray】 [ イーサン・ホーク ]

ドローン・オブ・ウォー [ イーサン・ホーク ]






ブログ村に参加しました♪
挨拶代わりにポチしてもらえると嬉しいです( ´艸`)

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply